ビジターカウンター
ちん裏 ウカム戦考察
ちんぽっぽのチラ裏
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶対零度
ウカムルバス
サイズ 固定
体力 18000
攻撃力倍率 350(×1.4)
全体防御率 75(×0.9)
(黒ウィキより)

■特徴
・クロール(雪中泳ぎ)に壁際で引っかかると起き攻めでBC跡行きがある
・バインドボイス【特大】や雪だるま。
・地形によるストレス(細長いマップを二分するクレバス


■ガンナー視点でこわい攻撃
クロール・・・ダイブ安定ですが安置で手数増やそうとして距離を間違えて被弾。
突進・・・めったにしてこないですがアカム同様避けづらい。
氷ブレス・・・離れていると雪塊の飛び方が2種類あって避けづらい。
尻尾攻撃・・・後ろにいるとき油断していると危ない。

■剣士視点
尻尾攻撃・・・左後ろ側にいるとき。切断前は雪だるま化する判定があるので注意。
バインドボイス【特大】・・・ティガ同様、近距離にダメージ判定。特に双剣は注意。
顎突き上げ・・・雪塊がかなり後ろのほうまで飛ばしてくることがある。雪だるま注意。
飛びつき・・・腹下にもぐりこんでいるともっていかれる。
クロール・・・まず潜るときのダメージが馬鹿にできない。

■要注意
壁際でのクロール・・・潜るときの削り+逃げ場がないときも。またダイブしても壁際でゆっくり進むので引っかかりやすい。
壁際に追い込まれやすい専用マップ・・・範囲が広い攻撃が多く危険です。
雪だるまの混乱・・・解除を待っている間に尻尾やクロールがくると危険。


■心がけること
1、離れすぎないこと・・・ブレスが避けづらくなります
2、なるべく中央付近に・・・クロールが避けづらくなります

■クロールについて
要注意でも書いた壁際でのクロールかそうでないかの見極めを瞬時にすること。
だいたいの攻撃が単発なので回復弾ですむ場面が多いですが壁際クロールの場合、粉塵でないと回復できません。
潜っているときも誰タゲかわかる自動マーキングがオススメです。(ペイントボール分の枠もあく点もメリット)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://timpoppoid.blog89.fc2.com/tb.php/69-6e02d8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。