ビジターカウンター
ちん裏 ジャンプテオ戦考察4
ちんぽっぽのチラ裏
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■不安な開戦阻止
(正確にはエリア8だが)火山の初期エリア6に降り立ったとき、降下中のテオをうって発見状態にすること。
大剣やハンマーにとっては攻撃チャンスではあるものの攻撃した瞬間に発覚し
そのままノーモーション突進され、最悪そのまま起き攻めということもあります。
また、誰も攻撃せず未発見で降り立ち、炎のバリアをはられ思わぬ苦戦を強いられることもあります。
こうしたテオに対する脅威を少しでも和らげることができるため非常に効果的です。

■咆哮&龍風圧について
テオのバインドボイス【小】は耳栓で防ぐことができます。また細かく分けると以下のようなります。
・カウンター咆哮・・・怒り移行時カウンター。
・キャンセル咆哮・・・一定体力で炎のバリアをはるために行動キャンセルして行う。
・龍風圧・・・バリア時の咆哮、キャンセル咆哮のあとに発生。追撃があるため危険。

〇良く見る龍風圧発生タイミング
・一回目の怒り時、カウンター咆哮→キャンセル咆哮→龍風圧
・二回目の怒り移行時、カウンター咆哮→龍風圧

早く角が折れる場合もありますが、行動や火力しだいではバリアを何度もはる展開もあるので気をつけること。

■実際の解除
龍風圧が発生する場合、盾を持つ味方の咆哮硬直を優先して解除する。(風圧はガード可能なため)
体力の少ない味方、テオの正面にいる味方を優先する。
解除が上手くいかなかった場合の回復もできるように準備しておくこと。

〇散弾1
・咆哮を読めた場合
・複数をまとめて解除したい場合

咆哮の時点で素早くリロードできれば、風圧の解除は可能です。
しかし、間に合わないこともあるのであらかじめリロードをしておくことにこしたことはありません。
風圧の解除をする場合、尻餅をつく少し前にうっておくと散弾による硬直の少ない解除ができます。

〇通常弾や貫通弾、水冷弾
・読みきれずに咆哮が来た場合
・角を折ったあと耳栓がある人がいる場合

咆哮、風圧ともに解除可能ですが一人ずつしか解除できません。
優先順位とその後の展開に注意すること。


ひとまでここまで
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://timpoppoid.blog89.fc2.com/tb.php/32-28149b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。