ビジターカウンター
ちん裏 マガティガ戦考察4
ちんぽっぽのチラ裏
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■咆哮について
ティガのバインドボイス【大】は高級耳栓で防ぐことができます。
しかし近距離にダメージ判定があるため高級耳栓をつけないケースも多いかと思います。
素のフレームで回避可能だがシビアであり、それ自体がティガの楽しさの一つでもあるといえます。

(その場で急に咆えることもあるが、)怒り移行時には必ずバックステップ後に行います。
怒り時は攻撃力UP150%ということもあり起き攻めの一手前といっても過言ではありません。

そのため、優先度は以下のようになります
1、ダメージ判定外で硬直した体力の少ない味方※
2、ダメージ判定をうけた味方
3、ダメージ判定外で硬直した体力は多い味方

これをティガの頭に貫通をうちながら判断することになります。(硬直解除のために1~2発は残すこと)
硬直したピンチな味方がいた場合、キャンセル。
判断が遅れた場合、ティガをうってターゲット誘導。
ダメージ判定をうけた味方がいる場合、すぐに納銃し粉塵。
被害がない場合、攻撃続行。
(※体力少ない味方がいる時点でどこかで判断ミスをしている場合が多い)

以上は基本の対処法だがケースバイケースで柔軟に最適な判断を。
しつこいようだが結果がすべて。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://timpoppoid.blog89.fc2.com/tb.php/18-d0c55f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。