ビジターカウンター
ちん裏 マガティガ戦考察3
ちんぽっぽのチラ裏
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■心がけること
1、近距離では反時計回り、遠距離では時計回り。
遠距離で反時計回りに動くとティガが時計回りに振り向いてしまい、
頭狙いの剣士は右前脚に阻まれ攻撃しずらくなり、また突進に巻き込む可能性も高くなります。
ティガまずい例
↑遠距離でのまずい例

2、前半は剣士と一緒に近距離で零距離バトル。
剣士に動きを合わせるように、自分も被弾しやすいので集中していきましょう。
突進をなるべくさせないように、突進が続いたら納銃し接近して尻尾回転などを誘いましょう。
尻尾回転、ジャガイモ、噛みつきなどのすきに攻撃態勢に突進以外なら攻撃続行し、
突進であれば貫通弾で後ろ足に追い撃ちをかけます。
飛びかかりであれば怒り時は戻ってくることも多いので様子を見ましょう。
なお、近くにいても突進します。
ティガ近距離
3、後半は全力で足ダウン狙い。
一回足ダウンをとれれば、ダウン中にダメージを蓄積し次のダウンまでそう時間はかかりません全力で。
後半は常時怒り状態です。怒り状態になると一回突進すると追いつく頃には次の突進が始まるため足ダウンをとるのが良いと考えています。
ティガ遠距離
4、恐れないこと。
近距離での危なさは剣士はいつものこと。ガンナーも恐れず、2段噛みつきや突進の脇を抜けていきましょう。
また、どうしても気づいたら真正面でティガと目が合ってしまうこともあります。
避けようがない突進がきたら、あせらず納銃して起き攻めにそなえましょう。
特に振り向き尻尾と壁際の波状攻撃には注意。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://timpoppoid.blog89.fc2.com/tb.php/13-ceb4d0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。